読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラの方へ。

しがないミソジのゆるふわ雑記

もしも君に会わなければ もう少しまともだったのに : ジャニーズ遍歴について(嵐編)

松本さんはアメトーーク見ることあるんだね。@VS嵐

さて、自分がジャニーズに”落ちている”ことをなかなか受入れられない三十路の、ジャニーズ遍歴のお話です(失礼発言&葛藤多め)。

 

【ジャニーズ無関心期】

はまるジャニーズとしては、KinKi Kidsが王道だった世代です。*1 光GENJIの記憶もある。デビューの頃のSMAPは、雑誌に「光GENJIの弟分」と紹介されていた記憶もある。でも小学校時代は遊ぶことに夢中だったし、中学校時代はうって変わって暗めに過ごし、高校時代は友人から薦められるままに音楽はバンドが主食の人間に育ちました。(流されやすい。)大学時代も音楽の趣味は変わることなく、周りにもジャニーズ好きな友人はおらず、芸能人にはまった記憶もありません。でも、ジャニーズのみなさんはどこにでもいるのですね。深夜のバラエティー番組には好きなものがあって、『SmaSTATION!!』とか、時間が早かった頃の『「ぷっ」すま』、確か『堂本剛の正直しんどい』とかはちらほら見ていたように思います。(たぶん他にも見ているのだと思うけど、今思い出した分だけ。)なので、ジャニーズかどうかは関係なく、個別の方々は見ていました。

ただ、ジャニーズのグループに対しては本当に一般的(?)な反応。「『夜空ノムコウ』はいいかも」くらいは言っても*2、CDを入手することもせず。ありがちなナゾの上から目線により、ジャニーズのグループを好んで見るいうことに対して「恥ずかしい」という感覚さえありました。(ごめんなさい~!!!)

 

【嵐にも興味なし】

嵐については、一番芸能人に関心がないころにデビューを向かえていたようで、初期の記憶が全くありません。(オイ)メンバーも把握していなかった。誰かに「嵐の中で、見た目では誰が好き?」と選ばされ(興味なかったもので…)相葉くんを選んだ記憶はある。でも「そうばくん?」とかって言ってたかも。(ひでー。)その後、まずまず認識してきても、『ハチミツとクローバー』が映画になるときに、「え、櫻井くんが~?(演技大丈夫?)」くらいのマイナス反応をしていました。(本当に申し訳ない!!!)

それが、20代後半から急に嵐に”落ちた”のです。 

 

【嵐入門期】

それはある友人との出会いからはじまりました。とても魅力的な友人で、その子のセンスの良さを私は信頼していました。その子が「今、世の中は嵐にあふれている!」と何かの折に熱弁したのです。なんでそんな話になったのかはまるで覚えていないのだけれど、その子は嵐好きの子とライブ映像の鑑賞会をして盛り上がったりもしていて、それがめちゃくちゃ楽しいとのことでした。(これを聞いたときは少々ひいた気がします←)でも、まさにこの時、私のジャニーズへの偏見が少し軽くなり、嵐への興味が芽生えたのだと思います。(流されやすい。パート2)*3

そんな多少の興味と元々の深夜バラエティ好きがかけ合わさって宿を見始めたのが全ての過ちでした。(オイ×2)

 

嵐の宿題くん』を初めて見たとき印象的だったのは、「この子たち、仲間内でずいぶん気を使いあっているんだな~」ということでした。空気を読みあって動いたり発言しているのをすごく感じた。やきもきするくらい。仲が良いという前情報をもって見たように思うのですが、私のイメージする”仲が良い”とはなんだか違っていました。でも、それがどこか引っかかったのかもしれません。放送時間帯がちょうど良かったのもあって、家族の視線も気にせずにまったり見続けました。そのうちに個々のキャラクターを理解してきて、メンバー間の絶妙なやりとり、作り出す空気感が、心地よいものとして自分に浸透してきたのだと思います。

でも、まだグループとして特別な存在にはなっていませんでした。これまでの深夜番組を見るノリと同じで、「ぷっ」すま』のユースケさん・草なぎさん・大熊アナの関係を愛でるくらいの、「おもしろい番組の中のゆかいな子たち」的なものでした。

 

【”落ち”自覚期~現在】

しかし、いつの頃からか番組の過去動画に手を出して(オイ×3)、そこでに出会ってしまったのです。バラエティとのギャップのせいなのか何なのかわからないけれど、その時はじめて”アイドルの嵐”に心つかまれたように思います。KOSEのCMで流れていた『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』が自分の中で違うモノになるくらいに。*4 踊って歌う嵐、ライブでの嵐はまた全然違う魅力を放っていました。

そして、嵐の10周年期に突入。『嵐の宿題くん』のSP的な生放送番組の頃には(Wikiによると2009年11月1日)、ばっちり青と赤のメガネを手にし、うっきうきで番組を”リアタイ”する程度には成長しておりました。*5

それからは、事務所の”推し”期であった(?)こともあいまって嵐の他の番組やドラマを見ることが多くなり、放送時間的な問題もあって家族に解禁せざるをえなくなり、DVDやらCDやらにも手を出し始め、興味のある時期やうすい時期の波も経て、とうとうこらえきれず清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちでファンクラブに入会し、ようやく『ARASHI BLAST in Miyagi』で初ライブ参加をはたし…、今にいたります。

ちなみに、嵐のファンクラブに入りたい(つまりライブに行きたい)という気持ちが抑えられなくなってきた頃、私はファンクラブというもの自体に入ったことがありませんでした。これまで何の責任もなく気軽に見てきた方々と、「あなたを私の特別な人にします」と結ぶ契約がファンクラブだと認識していました。入ってしまうと自分が欲する以上の情報が提供されて、気になるところも出てきてしまうかもしれないし、逆に情報づけにされて抜け出せないかもしれない。いずれ継続するかどうか考えることで、その人たちとの関係をいちいち意識化しなければならないことへも重さを感じていました。そんな重い契約を1番初めに結ぶのが嵐になるということになんだか納得がいかず、先にスピッツのファンクラブに入るというナゾの行動をとったり…。

思えば、嵐を好きになったことで、色々な山を越えてきました。

 

【嵐への見守りスタンス】

現在、嵐に対しては、「ギリ同世代だし…」と自分がファンであることにかろうじてOKを出しています。(家族以外には隠れていますが。)とても魅力的な同級生の活躍を見守るような心持ち。 

なお、嵐においては、松本さんを見るのが一番楽しいです。それと、なんだかんだ注目しているのは大野くん。踊る2人は良い…。その他、色気を感じるのは二宮さん、ほのぼのするのは相葉くん、感心させられがちなのは櫻井さんです。(なんかふつうだな…。)でも結局全員、というかチーム感を好ましく思っているのかも。(紅白の各コーナーで一人ひとりが出てくる度に萌えた。)

 

そして、嵐ファンのあるあるのようですが、ジャニーズの中の嵐というよりも”嵐”単体で捉えていたし、アイドルにはまるのは嵐が最初で最後だろうと思っていました。 

 

し・か・し!!!!なんてことだろう。なんで見ちゃったんだろう。友だちのまま…もとい嵐と同じ事務所の方々(その他まとめ)のままで良かったのに~♪

 

と、いうことで、NEWS編に続きます。

 

タイトルは、スピッツ『Holiday』より。

DISCOGRAPHY | SPITZ OFFICIAL WEB SITE

 

*1:金田一少年の事件簿』とかめっさ見てた。でも見たのは堂本剛さんの1代目の時だけ。2代目が松本さんになると知って「松潤?濃いね~(軽い)」と発言した覚えがある…。

*2:スガシカオさんが関わっているということの方に、むしろ感心があった。

*3:その後久々にその友人に出会ったときには、私はかなりの嵐好きになっていたのですが、その子はわりとさめたようで情熱をわかちあえなかった…涙。

*4:『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』のP○とメイ○ングは、普段着に近い衣装だからこそ印象的だった気がする。

*5:嵐の宿題くん』が終わる時には本当に悲しかった。私の嵐好きの核になる番組だったので。